読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代哲学者の憂鬱

ゆとり世代に生まれた苦悩を哲学者の力を借りて解決していく。

哲学者の基本事項

夜運転で緊張のあまりに逆走してしまって対向車とぶつかりかけた哲学者です。初心者なんや…すまんかったな。明日は気を付けよ。

 

えー。哲学者の基本事項というわけですが、皆さんはなんだと思います?

アリストテレスに習って鬼のような妻?

ニーチェがそうだったように童貞?

大体の哲学者がそうだったようにインテリ貴族じゃなきゃダメ?

 

間違いではないですが、完全な正解でもないと感じます。

ではなんなのか。興味はなくても気にはなるでしょう(なってくれ)?

 

僕が思うに、哲学者には強烈な想像力があるのではないかと思うのです。

 

例えば、誰かが「昨日の出来事」と「一昨日の出来事」を混同して「私」に話したとします。「私」は両方知っているので二つの話が「いつの出来事」か知っています。

普通の人ならば、「昨日の出来事と一昨日の出来事が混ざってるなぁ。」で終わりです。これすらも思わないかもしれません。

しかし、哲学者は違います。

哲学者は、

「あれ?昨日の出来事と一昨日の出来事が混ざってるぞ?あれ?[昨日]は本当に[昨日]なのか?実は、[一昨日]だと私が思ってるのは[昨日]なんじゃないのか?イヤ、逆に[昨日]は[一昨日]なのかもしれないか?[昨日]が[昨日]である日付以外の証拠はなんだ?指の怪我か?これも[一昨日]のものかもしれない。そもそも、[一昨日]の前の日は何があった?存在しているか?確証はあるか…」

 

書きすぎましたorz。

まぁ、こんな風に、アリの涙のように小さなことを起点に、お釈迦様のらほつ(頭にのってるグルグル)ほどに大きな事を想像していくことこそが哲学者であり、哲学だと思うんですね。

この観点から言えば、大槻ケンヂも、さだまさしも、私も貴方も、空のミルク瓶にタンポポ挿すあいつも皆哲学者なんですよ多分。

 

P.S. 夜道の運転は気を付けましょう。そして、疲れてたら運転はしないようにしましょう。特に仕事帰りは気を付けましょう。